改善コンサルタント
柿内幸夫 Website
今週の改善

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[24]     2017.12.28
KZ法, 技術, 改善について, 製造業

【急所82】 モノを捨てるとチエが出る。空間をつくるとアイデアが生まれる。
 
この号が今年の最終号になります。一年が経つのは本当にはやいですね!
 
この時期になると多くの方が自分の仕事場やあるいは自宅の片付けを始められることと思います。そこで今回は整理整頓の整理をテーマに選びました。
 
整理整頓は一つの言葉ではありません。整理と整頓のそれぞれの意味ですが、整理は要らないモノを捨てること、整頓は要るモノを使い易く並べることです。
 
ご自分の家で整理をする場合は自身の判断で要るか要らないかを決められるので、このやり方でいいでしょう。しかし会社のように多くの方々がかかわる場合は、要るかどうかの判断が人によって違うので決めるのに手間取ったり判断できなくなったりします。そこで組織で行う場合は一定期間の中で使うか使わないかで分けて、使わないモノを捨てるようにするのがいいと思います。
 
その時に大切なことが二つあります。
 
捨てるのは簡単ですが、今日作ったり買ったりしたものが一年後の今日にまた捨てられてしまったらもったいないですね。そこでどうしたらそうならないかのチエを出して作り方・買い方の改善をしてください。
 
そしてもう一つポイントがあります。多くの方がモノをたくさん捨てて満足してしまうのですが、その反対側に大切な宝があるのです。それは捨てられたモノが置いてあった場所です。いかがでしょうか、スカッと空き地になっていませんか?
 
この空間がこれからの時代にとても大切なのです。これからもっと多くのお客様を獲得し新しい仕事を始めることになるでしょう。その時に必要なのは場所です。ほとんどの工場は既に場所が狭いのです。しかし整理をすることで場所が空くという発見は、お金を使わないで経営資源を手に入れられるということです!ある一か所で場所が空いたら、全工場ではもっともっと場所が空くはずです。
 
世の中の変化を取り込んだ将来を見据えて、空間を広げて活用する経営のアイデアを生み出しましょう。
 
今年一年、大変にお世話になりました。どうぞ皆様良いお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。