改善コンサルタント
柿内幸夫 Website
今週の改善

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[6]     2017.08.24
KZ法, 大きな変化, 改善について

今回は『儲かるメーカー 改善の急所101項』【急所84】の解説です。
 
【急所84】製品づくりから魅力づくりに転換せよ。
 
昔の話ですが、まだケータイが出たての頃、テレビの宣伝で「当社のケータイはビルの陰でもよく聞こえます!」とか「写メ(何のことだかわかりますか?写メールです。ケータイにカメラが付いていて撮った写真をメールで送れるということです)ができます!」といったものがありました。音が聞こえる、メールが送れるといった基本的な性能がまだ不十分であった時のことですが、今はもう当たり前なので宣伝の対象ではありません。代りに現在はものすごく安い商品かものすごく魅力的な商品かに二極化しているように思えます。
 
品質には機能品質と魅力品質の二つの品質があります。機能品質とは自動車でいうと「走る」「止まる」「曲がる」「故障しない」といった基本的な機能の部分の品質です。
 
一方、魅力品質とは両方とも故障しないでよく走るけど、こっちの車の方がスタイルがいいとか加速がいいとかイメージがいいといったことで、値段が高くてもどうしてもこっちが欲しい!といった魅力の品質をいいます。ブランド力という言葉をよく聞きますが、これも魅力品質でしょう。
 
日本の市場はかなり成熟して来ていて、もう“丈夫で壊れない”ことで売れ続けるという時代ではありません。「この商品はとても使い易いので、別のメーカーの商品の方が安いんだけど、やっぱりこっちを使いたい」、のように言われ続けることが必要です。
 
皆さんの作っているモノを、改めて買う人の立場で評価して魅力を上げる改善もお願いします。